1. トップページ
  2. サプリメント
  3. 生理前の「肌荒れ」予防に?できれば避けたい食品&料理?

生理前の「肌荒れ」予防に?できれば避けたい食品&料理?

Presented by 「生理前の肌荒れ対策ランキング

生理の前になるととたんにニキビができるとか、毛穴が開いてプツプツと目立つ、肌がベタついて化粧のノリが悪いといった症状になる女性がいます。
生理前のPMS(月経前症候群)のひとつですが、主な原因はホルモンバランスが崩れることにあります。
この時期に食生活を見直すと、PMSが軽減する場合が多いようなので、気をつけたい「食べないほうがよい」「できれば避けておきたい」食品&料理を挙げておきます。

【塩分は控え目にしてむくみをとる】
塩分が多い食品や料理はむくみの原因になります。むくみを起こすと体を冷やします。これが生理痛や胃腸の不具合にも繋がりますし、肌荒れの原因にもなります。塩分の強い食べ物は生理前には避けておくようにしましょう。
【カフェインやアルコールを避けて神経を休ませる】
コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは交感神経を刺激すると言われています。アルコールもそうですが、リラックスのために少し飲む程度ならともかく、ガブガブと飲むと痛みに敏感になったり、ストレスを助長しますから気をつけましょう。
【脂っこいもの】
生理前にホルモンバランスが崩れると皮脂が過剰に分泌されます。オイリーになりがちな中で脂っこいものをさらに体内に入れると消化にも悪いですし、便秘の原因にもなります。
【ジャンクフード】
ジャンクフードも「絶対に食べない」と我慢してストレスを感じるぐらいなら多少つまむ楽しみはもちろんいいかと思います。しかし食事のかわりにジャンクフードを食べるような暴飲暴食では体調不良を起こすだけです。

つまるところ、「バランスの良い食事」を心がけさせすればいいという事ですね。あまり塩っ辛いものばかり食べたり、コーヒーを何杯も飲んでジャンクフードをつまむといった極端な食生活を避けるのが「生理前の肌荒れ」を防ぐ方法です。