1. トップページ
  2. 原因
  3. 生理前に肌荒れしやすい人の「意外と知らない?生理?のコト」

生理前に肌荒れしやすい人の「意外と知らない?生理?のコト」

Presented by 「生理前の肌荒れ対策ランキング

■「生理前」って言うけれど、いったいいつからが生理前なの?
生理前というと、なんとなく生理が始まる2〜3日前ぐらいのことを言うと思っている人が多いようです。明確な規定があるわけではないのですが一般的には「生理が始める1週間前」と捉えられています。他にも、排卵があった時から生理が開始するまでのだいたい10日から2週間程度のことをさすという説もあります。
いずれにしても「生理前」は以外と長く、その間は特に肌荒れしやすいわけですから注意が必要ですね。

■生理の周期と肌荒れの関係は?
女性の月経の周期(リズム)は
・月経期だいたい1週間ぐらい
・卵胞期生理終了後から1週間ぐらい女性ホルモンが高まる時期
・排卵日
・生理前排卵が終了後、黄体ホルモンの分泌が徐々に高まる時期
となっています。そして黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きをするもので、黄体ホルモンが増えてくると皮脂が過剰に分泌されます。つまりニキビができやすくなったり、肌荒れしやすくなるという事です。

■ホルモンバランスが崩れるってどういう意味?
生理の周期は排卵を境目にして、ホルモンのバランスが変化するといわれています。
生理直後から排卵までは「エストロゲン」卵胞ホルモン、いわゆる女性ホルモンの分泌が高まります。そして排卵後、つまり「生理前」は黄体ホルモンの分泌が高まります。このホルモンのバランスは排卵を中心して変化するのですが、これ以外にもストレスを感じたり、暴飲暴食をしたり、極端なダイエットや睡眠不足などでもバランスが崩れます。
肌荒れを予防するには、生理の周期だけでなく、普段の生活習慣も見直すべきだという事ですね。